スポンサーサイト

Posted by  micaera on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベイエリアから戻り そして…

Posted by  micaera on 16.2012 0 comments 0 trackback
ベイエリアから戻り
すぐに日本行きのチケットを調べる

来週には日本へ
”プリ氷河期”というほどの
記録的らしい寒さの北海道

北海道の冬はもう20年以上経験していない
満開の桜をみた次の週はたくさんの雪
体験する旅、だね



☆.。.:*・゚


今回は友人のサイト作りが主な目的で
できたのがこれ

Loving Care

友人のMacを使ってつくったので
ここから先は彼女が更新したり(ブログは毎日感心に更新している)
アップしたりしなくちゃいけない
さっそくReviewを消してしまうやらの
アクシデントを起こしてくれてるけど(笑)
電話でひとつひとつ解決しました ほっ

サンフランシスコでは
一番ヒップなエリアに近かったから
歩いたりお店や人を見るのが楽しかった

DSCF2651.jpg
DSCF2649.jpg
DSCF2645.jpg


それからバークレーに移り
村の祭りのようなポットラックディナー
いつもの風砂子さんのキッチンで
10人くらい集まったかな

最近風砂子さんが昔の歌集を手に入れたと
そのコピーを手に歌いだしたところから
たき火を囲み歌い踊る原始の人たちになっていく…

反戦歌 それぞれの故郷の歌
(わたしは昔母が料理をしながら歌っていた”江差馬子歌”ー民謡を熱唱)
おもしろいほど故郷がバラバラだったので
方言が飛び出したり めちゃめちゃな状態になっていく…
最後は熊本の春歌で最高潮になり
「ここでは女版の春歌が必要だ」となる

70代から20代までが
一緒に笑い歌い踊っている
いつも この人たちといると
からだの奥に眠っている原始的な感覚が
目を覚ます
ある種のトランス状態でしょうか 笑


翌日は午後からサンフランシスコでの
「Fukushima Never Again」




その前にエイコちゃんとパークのトレイルを歩く
(なにしろじっとしていない人たち)


集会は前回も参加した'No Nukes Action'が主催で
核の専門家、ドイツ人アクティビスト、日本の大学の先生がプレゼンをしてくれた
その後の質疑応答ではベイエリアの人たちが熱心に質問を繰り返す

世界はいま日本で何が起こっているのかを
知ろうとしている
起っていることを知りながら
それぞれが創っていく作業をしていく

一緒に行ったゆきちゃんは
自分の視線でドキュメンタリーを撮るよ、と言った
わたしもそう

今しないでいつする…?って感じかな


primitiveであること
バークレーではいつもその原点に戻る





  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://micaera.blog136.fc2.com/tb.php/215-afa5f557

プロフィール

 micaera

Author: micaera
I believe that things are transforming each moment, I always want to listen and feel the voice of Universe and be ready for the next miracle.

オレゴン州ユージーンへの旅のコーディネートをしています。
micas

最新トラックバック

日本語→英語自動翻訳【星条旗】

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。