スポンサーサイト

Posted by  micaera on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2年前の出来事

Posted by  micaera on 23.2012 日々の想い 0 comments 0 trackback
いろんなリズムと自分のリズムが変化し続けている
ここのところの止まっている感じ 上がっていけない感じは
なかなか抜けてくれない… 今日は春節だというのに…


こんなときは
さりげない元気な言葉や明るさが
ありがたいほど響く



2年前の今頃
ハワイから戻って2日後に耳がおかしくなった
まるで水でも入ったような
閉じられた世界
自分の声がこもって聴こえ どこへも抜けられない感覚

わたしは暗く閉じられた所が苦手…というよりフォビアに近いものがあって
この耳の不調は思った以上にこころを弱めた
自分のもろさを見せられた

病院以外のあらゆることを試したけれど
どれも効き目はなかった
3日目に鍼の先生に電話をした

「そういう症状なら一度だけ治したことがある」

先生の言葉に光を見て
一時間全身鍼だらけになって横たわった
でも なにも起らなかった

闇の中に引き戻されそうになっているわたしに
受付の中国人のおばさんが
「でも病院には行かない方がいいわ。絶対よくなるから」と
声をかけてくれた
少し光が差した
「あれ でも顔色が真っ白だったのに少し赤みが差してきたね」
そう言われてふと
”ということは 鍼で気が全身にまわり始めたのかもしれない”
と思い始めた


その後にふと 前回試してダメだった
”鼻をつまんで強く吹く”をもう一度してみよう
何故かそう思った
ふーっと力いっぱい吹いてみると
バリバリバリ… 
そんな音がして すっと耳が抜けた

普通に音が聴こえる
わたしは驚いてうれしくて大泣きしていた




この体験がわたしにくれたものは大きかった
内側の声は確かに一番いい方法を教えてくれることがわかった
からだのこともほとんどは自分で対処できるのだろうと
思わせてくれた


それにしても…

その後に起ったことをこの頃思い出している

耳が通った後
3日間も自分の世界に向き合っていて
食事もとれず、外にも出ていなかったあと
始めにわたしがしたことは
(これも変なんだけど)
パンクしていると思っていたタイヤの修理に
車を持っていくことだった

ショップに入り
座って待っていてください、と言われ
よくある光景
厳ついオトコの人たち、大きなテレビ、コーヒースタンド、
ポップコーンその他のスナック
というウエイティングルームに座る

ところが座っていられない
波動 というものをはっきり感じる
そこに”いられない”
うわーっと叫び出しそうになるほど
不安定な状態になってくる

外に出る
タイヤなんかが並んでいる反対側にちいさな花壇があった
その花壇に集中すると ふーっと楽になる
息ができる

不思議だった





あの繊細な状態で常時いることを
選んだらどうなるのだろう…
このごろ そんなことを想っている

街で暮らすのは難しいかもしれない

でももしかしたら これから生きたい世界は
あの波動なのかもしれない
そう 映画アバターの
うつくしく光る植物たちが見えるような世界

自然のもの 美しいものに生きている心地を感じ
man madeや攻撃的な音/匂いに鋭く反応する


あの体験は
わたしに繊細で高い波動の領域を知らせるための
ペレからのギフトだったかもしれない




avater1.jpegavater2.jpeg
avater3.jpeg



  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://micaera.blog136.fc2.com/tb.php/209-2edbd993

プロフィール

 micaera

Author: micaera
I believe that things are transforming each moment, I always want to listen and feel the voice of Universe and be ready for the next miracle.

オレゴン州ユージーンへの旅のコーディネートをしています。
micas

最新トラックバック

日本語→英語自動翻訳【星条旗】

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。