スポンサーサイト

Posted by  micaera on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こどものことをもう一度想うこの頃

Posted by  micaera on 21.2011 変化のとき 0 comments 0 trackback
naoちゃんの最近のツイートを見ていて
実はたくさんのことを感じている
すっかり忘れてしまっていた
わたしの15年前が
naoちゃんのつぶやきで
鮮やかに蘇ってくる


切迫早産で4ヶ月間も寝たきりで
おまけに陣痛止めの薬まで飲まされていた頃は
健康な子供が生まれてきてくれれば
それだけでありがたい…と思っていた

痛くもなく辛くもないからだを
まったく動かせない心の辛さ
天井の節目を暗記する程見つめていた日々
周りのみんなのヘルプ
ある意味究極の辛さと だから味わえる感謝だったと思う


結局1週間も遅れて出てきたイオは
両手を目一杯広げて
元気に泣いていた
あれから15年
病院にかかることも一切なく
好きなフリズビーのチームで走り回り
サックスフォーンを吹き
友だちと自転車でハングアウトして
忙しそうな 楽しそうな そんな毎日を過ごしているイオ



つい最近 わたしは彼を”叱る”ことをやめた
それまで毎日”サックスの練習はしたのか””宿題は終わったのか”と
オウムのように繰り返し言い続けて
それでも事態はそんなに変わらなかった
そんなに深刻な問題だったわけでもないけれど
ここまで行ったら次はここ…的な小言
積み上げていく人生の作り方は わたし達のシステムに
深くしみ込んでいるね…


叱っている自分がもうイヤになって
せっかくイオと過ごす時間がつまらないものになって
そんなふうに今を過ごすのはもうやめよう… ある日そう思った

それからはreminder的に’やった?”くらいで
あとはやってもやらなくても彼のことだ、と割り切った
そうしたらもっと笑う日々が戻ってきた



そしていま
彼が生まれる時のことを
まるであの頃に戻ったように思い出している
きっとどのお母さんも そしてお父さんも一緒の想い
無事に生まれて欲しい 生きていてくれさえすればそれでいい…
ただそれだけのシンプルな願い


想いはいつしか 根源的ないのちの祝福から
周りの社会のシステムや ”こうあるべき”という考え方に基準が移ってしまい
こどもたちにたくさんの期待と課題と仕事を強いる…
「あなたの将来のため」という言葉と共に


それぞれに個性があり それぞれに光を持ったこどもたち
これからの未来を 新しい未来を創るこどもたちは
もしかしたら独自のシステムを持って生まれてきたのかもしれない
だとしたら
いま壊れようとしているような、そんな古いシステムは必要…?


フォーカスを少し変えただけで
最近は ”あーもういいいい。しなくてよろしい。”と思う
おもしろい…
そして ”しなくてよろしい”と言えば
”いや、する。”と何故かイオは言う… 
ふしぎ :)
なにかしたいか したくないのかは
彼らが一番知っていることだものね





DSCF1713.jpg

- イオは性格的に楽観的だけどちょっとレイジーだとか、そういうところもあるので
今は面倒で”いやだ’と言っていても、いざ行ってみると、やりはじめると目をキラキラさせて
“楽しかった~”となる展開が多々あることも知っています。
小さいときは全面的に親が手を引いていたけれど、ティーンエイジのいまは
時々さらっと舵を取るくらいの参加でいきたいものです。
もちろんまだ雷を落とす場面もけっこうあります。 ティーンは予想外のストーリーを創り出す天才ですから…


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://micaera.blog136.fc2.com/tb.php/130-2dad24a5

プロフィール

 micaera

Author: micaera
I believe that things are transforming each moment, I always want to listen and feel the voice of Universe and be ready for the next miracle.

オレゴン州ユージーンへの旅のコーディネートをしています。
micas

最新トラックバック

日本語→英語自動翻訳【星条旗】

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。